G.Skill PC2-8800 PI 2GB×2メモリテスト

G.Skill DDR2-1100G.Skill PC2-8800 PI 2GB×2メモリテスト
選択肢も増え、価格も手ごろになったDDR2-1066メモリ。G.SkillではDDR2-1066の一歩上、DDR2-1100スペックのメモリがラインナップされている。スペック電圧が1.8V~1.9Vという低電圧でハイクロックなメモリの特徴を調べてみたい。

カテゴリー メーカー Date Text
Memory G.Skill 2008/10/21 OCT

 

定格電圧でハイクロックDDR2-1100のメモリ

2007年末頃から512MbitのMicronチップ以外が搭載されたDDR2-1066メモリも出回り、価格が低下してきた。そして2008年に入り、1Gbitチップを使った2GBのDDR2-1066が登場し始めた。現在ではこのDDR2-1066以上の2GBメモリが注目されている。

今回は、G.Skill PC2-8800 PIの特性を検証してみたい。

DDR2-1066 4GB(2GB X 2)

以下がメーカースペックだ。

G.Skill DDR2-1100 CL5-5-5-15 2GB x 2
Specifications
Part Number F2-8800CL5D-4GBPI
Clock PC2-8800 1100MHz
Timings 5-5-5-15
Voltage 1.8V-1.9V
PCB 8 Layers PCB

G.Skillの製品ページ→http://newgskill.web-bi.net/bbs/view.php?id=g_ddr2&page=1&sn1=&divpage=1&category=55&sn=off&ss=on&sc=on&select_arrange=headnum&desc=asc&no=124

DDR2-1066 4GB(2GB X 2)
▲G.Skill DDR2-1100、大型ヒートスプレッダーと8層基板が特徴

チップはPSC系のものが使われてると思われるが、他社の同スペックのメモリと比べても電圧スペックが低いため、特別に選別されたものか、または違うチップが載っている可能性もある。基板はCH82U802の刻印があり、8層基板だということが確認できる。ヒートスプレッダーはPIシリーズの大型のものが使われて、放熱性は良さそうだ。

カテゴリー: メモリ   パーマリンク

コメントは受け付けていません。