Core 2 Duo OC設定早見表

Core 2 Duo OC設定早見表
Core 2 Duoはその性能の高さで、自作PC市場を賑わしている。またオーバークロック耐性が高いことから、OCに興味を持ったユーザーも多いようだ。だが、いざCore 2 DuoでOCしようとしたとき、2つの問題が立ちはだかる。ひとつは「マザーボードのFSB耐性」、そしてもうひとつは「DDR2メモリの設定」である。この問題を解決すべく、OC設定早見表を作ってみた。

カテゴリー メーカー Date Text
OC Guide INTEL 2006/08/25 OCT

Core 2 DuoはFSBが1066で、ベースクロックは266だ。今まではFSB800のCPUが主流で、ベースクロックは200だった。そのため、マザーボードのFSB耐性は300前後でよかったのだが、これからのマザーボードはFSB耐性が400以上ないとOCには向いていない製品となってしまう。マザーによってはFSBが333くらいまでしか設定できないものもあり、これでは十分にCPUの耐性を引き出すことができない。

DDR2メモリの設定について、一番のポイントはCPUとメモリのクロック比率となる。DDR1ではDDR400設定、1:1が基本で、メモリの耐性が追いつかなかった場合、比率を下げてDDR333設定やDDR266設定にするという方法だった(詳しくはOCガイド参照)。だが、DDR2ではDDR2-800設定などといった、CPUよりメモリの方が対比が高くなる設定が存在し、またその設定でもしっかり動作する

さて、ここまでの説明が頭の中で明確に整理できた人は、相当数字に強い人だろう。10進法で考えれば中途半端な数字「FSB266」と、4:5や、2:3というメモリ対比が絡み合うCore 2 DuoのOC設定はかなり複雑だ。以下の質問に、すんなり答えられるだろうか?

Q.1 ・E6300とDDR2-800メモリを使い、3GHzオーバーで動作させるには、 FSBをいくつにして、メモリ対比はいくつに設定すればいいのか?
Q.2 ・E6600とDDR2-1000メモリを使い、3GHzにするにはFSBをいくつにして、メモリ対比はいくつに設定すればいいのか?

これを一目でチェックできる早見表を作ってみた。メモリ設定だが、マザーによってはここの挙げた設定値がないものもあるので、使用するマザーを確かめてほしい。

●Core 2 Duo CPU/Memory早見表

    定格 OC 13% OC 25% OC 38% OC 50% OC 69% OC 88% OC 100%
FSB   266 300 333 366 400 450 500 533
Core 2 Duo E6300 (1.86GHz)   1.86 2.10 2.33 2.56 2.80 3.15 3.50 3.73
Core 2 Duo E6400 (2.13GHz)   2.13 2.40 2.66 2.93 3.20 3.60 4.00 4.26
Core 2 Duo E6600 (2.40GHz)   2.40 2.70 3.00 3.29 3.60 4.05 4.50 4.80
Core 2 Duo E6700 (2.66GHz)   2.66 3.00 3.33 3.66 4.00 4.50 5.00 5.33
Core 2 Extreme X6800 (2.93GHz)   2.93 3.30 3.66 4.03 4.40 4.95 5.50 5.86
メモリ設定 対比                
DDR2-400 4:3 400 451 501 550 602 677 752 800
DDR2-533 1:1 532 600 667 732 800 900 1,000 1066
DDR2-667 4:5 667 751 834 916 1000 1127 1252 1335
DDR2-800 2:3 800 902 1000 1101 1200 1353 1504 1603
DDR2-1066 1:2 1066 1200 1335 1467 1603 1803 2004 2136

※CPUクロックはGHz単位。メモリはDDR2-XXXXを示す。数値が大きいほうが速い。メモリクロックはこの半分の数値となる(たとえば1000なら500MHz)。メモリで1200を超えている部分は赤文字で表した。現状では非現実的な設定。

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントは受け付けていません。